アセルカデ

10年目を節目に・・
​ハンドメイドをお仕事にするに至るまでの私の話です^^

【10年目の節目に・・】

目の前の夏が過ぎると秋にはなんと!
わたくし、ハンドメイドでお仕事を
始めると決めてから今年で10周年です!


パチパチパチ☆☆☆


はじめてからと言っても、
「仕事にします!」と家族に
宣言してからのカウントですで
当初の1,2年は特に何かしていたわけでも
なく、、ただ作ったものにお値段を
つけることにしたってところからの
スタートですが(笑)

 

 


でもそうやって
「今から私はプロになります!」と
決めてから動き方が変わりました。

 


ゆっくりと、手探りだったけど
自分で
「よし!」と決めてから
色々と状況が変わりました。


今迄迷っていたことを迷わなくなったり


たとえば、

このお品、お値段付けてもいいのかしら?
どうしよう、、
私なんかがイベント参加していいのかしら?


とか(笑)


そういったことで迷うことはなくなりました。

だって、「プロ宣言」したから(笑)

 

 

お値段つけることやイベント参加することに
迷うのは違うなって。

もちろん、「どんな値段をつけるのか」とか
「どうやって参加するのか」は
悩みましたよ(笑)

 

でも、土俵に上がらないと何にも
始まらない
ってことはわかったんです。

 

上がるまでの迷いは問答無用
なくなったんですよ。


何が言いたいかというと、

まずは自分でどうしたいかを
「決める」ってことがとっても大事だなと。


決めないと、迷わなくてもいいことを
迷って時間を無駄にしてしまうと
つくづく思うんです。


そして、一歩踏み出してから
新たな悩みは出るのですが、


それって、成長なんですよね。


今迄の迷いは、同じ場所を
ぐるぐる回っているだけなんだけど、


一歩先の迷いは進んでいるんです。


ふとね、ちょっと前の自分を
思い出していました。

 

 

 

【土俵に立たないと始まらない】

 

 


そう、まずは土俵に上がらないと
何も始まらないってと
10年前の私は思い立ったのです。

 

なんだろうね、
そういった
「よしっ!」って
思い立つと別人のように
動き出してしまいます。
普段はお出かけめんどくさ~~い


引きこもり万歳!って
タイプですが(笑)

 

まずね、
「プロ宣言」をして
最初に何をしたのかって
言うと、


「売る」土俵に立ちました。


売れるか売れないかは
問題じゃなくて、


売り場に並べました。
お値段をつけて、
写真を撮って、
販売サイトに販売で登録しました。
当時あったハンドメイド
サイトtetote


今はminneと合体したので
もうないのですが。

 

そこからですよね。

サイトには作品紹介では
上げていたのですが、
販売不可にしていたのです。


それを、ちゃんと
商品として登録して
土俵に上げました。

 

そうすることで
ポツリ、ポツリと
ご注文頂き始め、

ご機嫌です(笑)

 

 


とはいっても、
今から思えば、適当な金額だし
クオリティも、、、、

でも、その当時の私に
とって出来る限りの作品だけを
販売することを心がけました。


するとね、tetoteのお客様は
とっても優しいハンドメイド好き
さんばかりで、すご~~~く
うれしい感想を送ってくださるんですよ。

 

それがうれしくって、
うれしくって

なんて素敵なお仕事なんだ!って
(もちろん利益はほぼないんですが(笑))

 

でも純粋にうれしい!って気持ちで
活動始めましたね。

 


それから1年か2年くらいかな?
曖昧ですが、tetote主催の
販売イベントが開催されると
言うことで、
ダメ元で応募してみました。

 


なんと、それが三越本店!


何も知らない強味というか、
初イベントに三越本店応募しちゃって

まさかの通過(笑)


怖いもの知らずとはこのことだと
今なら思いますが、
その時は深く考えずに
出てしまったんですよ

 

でも、へたくそながら
びっくりするくらい
お買い求めいただけて
イベント初出店の私に優しく
色々教えてくださった他の作家の方々、
スタッフの方、
こんなに、暖かい人ばっかりで
ハンドメイドの人たちって
いい人ばっかり~~~って
感動していました。

 

この経験で私はさらに
スイッチが入りました(笑)

 

そして、その時に
お話しした作家の方が
ハンドメイドで
お教室をされていて
とても手広く活躍されている方で、
(今でも仲良くさせていただいています!)


あぁ、そんな風にお教室とかも
ハンドメイドで出来るんだ!と
目をキラキラさせて
お話聞いてました。


そのあと、
スイッチの入った私は

 

販売イベントを
探していろいろと
出展にチャレンジしましたね~~

 


もちろん、全部が成功では
ないんですよ。

びっくりするくらい
大コケのイベントも
ありました(笑)

 

【失敗もありました】

 

楽しさでイベント出展を
続けていて、
その中での私の黒歴史って感じの
イベントのお話です。

 

まぁ、黒歴史って言っても
楽しかったことには変わりないのですが、

何が黒いのかというと、、、

 

そう、売上ですwww

 


それは、1週間のロングスパンの
イベント出展でした。


池袋の東急ハンズ1Fでの
出展です。

 

イベント出展出ればいつもたくさん
お買い上げいただけていたので
その時も
深く考えていなかったんです。


また、色々な作家さんとお話しながら
楽しく販売出来て幸せ~~って(笑)

 


販売スタートして、初日・・・
あれ?あんまり売れないな、、、


ハンズだし、結構な人の出入りはあるのに
どうして?

 


2日3日とずっとだめ。
手に取って見て下さる方も少ない

 

いつもと同じようにいつもと同じく
お品をご用意していたんだけどな、、、

 


周りの出展の方にお話ししていると
私と同じく苦戦している方もチラホラ


でもね、ちゃんと売り上げている方も
いらっしゃるんですよ。

 

う~~~ん。。。わからん


さすがに落ちこみました。


まぁ、落ち込んでも仕方ないので
どうして売れなかったかしっかりと
考えてみようと。


まずは、今回の出展は
池袋の東急ハンズ

 

こちらに来られる方と
カルトナージュに興味を
持たれる方と客層が全く違う


今迄は、百貨店や
ハンドメイドイベントとして
大きな会場での1ブースでの
出展でした。

 

百貨店は、比較的年齢層も
マッチしていたし、
会場のでイベントはそれだけを
目的に来られる方だから
見て下さる。

 

一方今回は、ハンズにお買い物に
着たら、ちょっとハンドメイドイベント
コーナーやってるなって
感じなので、
「ふ~~~んハコね」って感じ(笑)


ハンドメイド作品は
すべての方に受け入れていただくと
難しく、自分の作風に共感していただいた方に
お届けするという感じなので
やっぱりしっかりと

自分のお客様のいる所集まるところ
考えないといけないなぁと


出展場所を間違えちゃったってことです。

 


まぁ、これはイベント初心者には
よくあることで、
何度か繰り返しているとわかってくると
思います。

 

 

でもね、このイベントでもしっかりと
売れている方はいらっしゃるんですよ。

ハンズの客層とマッチした方だけではなく
どちらかというと、客層が違うだろうなって
思う作品の方でもしっかりと売り上げて
おられる方はいらっしゃるんですよ。

 

だから、単に場所が違った~~~
あぁ、残念だったねだけで
終わったら、
次回からは場所を考えるようになると
いうことは出来ても
それ以上にはならない。

 

売れなかったメンバーで
ハンズはだめだったね~~~って
キズの慰めあいはだめだ~~って
思ったんですよ(笑)

 

で、私はその時に売れている方に
色々とお話してみました。

するとね、彼女は
自分がどうやって作品をご紹介しているか
しっかりと教えてくれたんです。

(ありがたいですよね)

その話を聞いて、あぁ私は出来ていないなって
猛烈に反省したのを未だに覚えています。

 

また、もう一人話をした方は
接客をしてほしくない方(ハンズに来る若者だから)
に、どんな風にブースに立ったらいいかも
教えてくれました。
それも出来てなかった。

 

 

やっぱり違うんですよ。
ちゃんと売っている方は

 

場所のせいにするのは
簡単だけど、(それも大事だけどね)

与えられた場所でも出来ることは
あるんですね。


今、こうやって思い出して
書きながらも改めて大切だと
思っています。


お二人にお話を聞いて
モーレツに反省してから
私なりに接客も変えてみました。


まぁ、すぐにうなぎ上りにはなりませんが(笑)


この東急ハンズでのイベントは
私にとって売り上げは黒歴史ですが
「プロ宣言」した私にとって

とても貴重で
大切なことを学んだ
イベントでした。

 

 

あ、ちなみに黒歴史的な数字は・・
気になるでしょ(笑)

 

1週間で2万円届きませんでした~~チーン


未だに鮮明で衝撃的ですwww

 

でもね♡
お二人にお話を聞いてから
自分なりに頑張って接客していた
その時のお客様より後日ご連絡
頂いたんです。

 

その方はピアノの先生で
発表会の記念品に生徒さんに
送るお品を作ってほしいと。

なんと100個も発注いただきました。

 

これまたひえ~~~って
いろんな意味で

 


この話にも私の初々しいドタバタ経験談が
沢山あるので
このお話はまた別の機会に(笑)


今日は私のハンドメイドプロ宣言
して間もないころのイベントでの
思い出を書いてみました。



★カルトナージュを楽しく作りたい
 ↓

★カルトナージュをお仕事にする!
(今日の話はこのころの私↑)
 ↓
★カルトナージュを楽しく作ってもらいたい
 ↓

★プロ宣言してくれるお仲間が増えたらうれしいな
(今現在の私はここ↑)

 ↓
★カルトナージュの楽しさを一緒に広めよう!
(もうすぐ誕生する認定講師さんと私はここ↑)

なんて心境の10年目の私です。
ハンドメイドを通して
この年になって夢中になって
活動してきて今の私に出来ることは
なんだろうかと
また、新たなスタートにチャレンジです。

 

それが、今回の認定講師さんの為の講座です。
カルトナージュの楽しさを
一緒に広めて下さる方を増やしたいと
認定講師さんをお迎えしようとしています。

すでに私の講座を受講済みの
卒業生さんの中でも一緒に進んで頂く方が集まって頂いています。

私もお教室を始めた時はとても不安で、どうやって進めたらいいのか
どんな課題だと満足していただけるのかと試行錯誤の日々が長く続いていました。

 

講師業ってちょっと孤独なんですよね。
誰に相談したらいいかわからないし、そんな場所もない。
ましてや生徒さんにはそれは言えないしねwww


なので、そんな不安が少しでも減らすことが出来たら、
試行錯誤で遠回りしている時間が短くなればと思っています。

 


選考して参加してくださる
講師を目指すメンバーも集まってくださいました。
皆さん目をキラキラさせて、未来の自分のお教室を想像されました。
私もわくわくしています。


どんなことが不安なのか、どういうことがわからないのか

いろいろな意見も参考にさせていただき

どんどんブラシュアップして
認定講師さんが活動しやすい場所を作って行くことが
私の新たに目標です。


今回これを読んでくださっている初めましての皆様は
先輩方が先頭を切って頑張っておられる姿を見ていただけると思います。



カルトナージュの関り方はひとぞれぞれ。
「ご自身で作るを楽しむ」
「お教室を開いて生徒さんに楽しさをお伝えする」

ご自身にあったスタイルでかかわって頂ければいいなぁと思っています。
どちらであっても、「ハコ好きさん」です♪

私はそんなハコ仲間が沢山楽しんで頂けるようにしたいと思っています。